お肌のしくみを知りましょう

肌のしくみを知りましょう

あなたの肌は、このようにつくられています

肌断面図イラスト

表皮について

表皮についての説明イラスト

表皮は、皮膚のいちばん外側にある部分です。厚さは、わずか0.2mm以下ですが、外からの異物の侵入と体内からの水分の蒸発を防いでいます。


角質層
もっとも表面にある部分で、角質細胞が何層にも重なって構成されています。この層が外部刺激から肌を守るバリアの役目を担っています。角質層の中には天然保湿成分NMFがあり、肌のうるおいを保つ働きをしています。
基底層
真皮にもっとも近い場所にある層で、真皮の毛細血管から栄養を受け取り、細胞分裂を起こして新しい表皮細胞をつくっています。基底層にはメラニンをつくりだすメラノサイトがあります。
基底膜
表皮と真皮をしっかりつなぐ、表皮の一番深い部分にある薄い膜です。表皮と真皮を分けるだけでなく、真皮から栄養を受け取って表皮に送り、表皮から真皮へ老廃物を運ぶという役目があります。
表皮細胞(顆粒層・有棘層)
基底層で生まれた肌が角質へと押し上げられる「角化」の過程にある生きた細胞の層です。平べったい形の細胞が層をなす顆粒層と表皮の中でもっとも厚く、大型の細胞が層をつくる有棘層があります。有棘層には体内の異物や外的な刺激を感知するセンサーの役割をしている細胞があります。

真皮について

真皮についての説明イラスト

皮膚の本体ともいえるのが、この真皮です。弾力のあるタンパク質線維と保水力にすぐれたゼリー状の成分からできています。


コラーゲン(膠原線維)
真皮の約70%を占める成分で、真皮の中でネットのように張り巡らされています。古くなったものは分解され、新しいものがつくられます。紫外線や活性酸素、年齢などの影響でコラーゲンの生成が衰えると、肌の弾力がなくなり、シワやたるみが出てきます。
エラスチン(弾性線維)
真皮の2~5%と量は少ないですが、肌の弾力を保つのには欠かせない物質です。ゴムのような弾性があり、コラーゲンのネット状の構造を補強する働きを持っています。
ヒアルロン酸
コラーゲンやエラスチンの間を埋めるゼリー状の物質です。ヒアルロン酸は1gで6ℓもの水を保つことができ、一度抱えた水分はしっかりとらえておくことができます。クッションのように線維細胞を支え、肌のハリや弾力、うるおいをつくりだしています。
線維芽細胞
コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸をつくりだすと同時に、古くなったコラーゲンやエラスチンの分解を行い、真皮をフレッシュな状態に保つ働きがあります。

皮脂腺について

すべての毛穴に存在するカラダの内部にある小さな腺で、皮脂を分泌します。

毛包について

毛をつくる組織を取り囲んでいます。毛の出口が毛孔(毛穴)と呼ばれます。

汗腺について

汗を分泌する管状の腺です。

血管について

真皮の中を網目状に毛細血管が通っており、栄養や酸素を運んでいます。

DeAU(デアウ)デイリーピール / 毎日使える、角質ケア美容液
EXC
カウンセリングゲル うるおい
AHAエクセレントソープ