シミのこと

シミのこと

シミはメラニン色素の沈着が原因

シミができるしくみ
シミをつくるのはメラニンという色素。メラニン色素には紫外線が肌に入り込むのを防ぐ働きがあり、肌に紫外線が当たることで、基底層にあるメラノサイトでメラニン色素がつくられます。 メラニン色素はターンオーバーによって角質層へ押し上げられ、最後は肌から排出されます。しかし、紫外線を大量に浴びてメラニン色素がたくさん生成され、排出が追いつかなくなると、表皮にメラニン色素が残り、シミの原因となります。 また、肌の老化によって新陳代謝が低下すると、ターンオーバーのサイクルが長くなり、メラニンが排出されにくくなります。なかなか排出されない状態が続くと、真皮までメラニンが落下してしまい、シミはどんどん頑固になってしまいます。特に女性ホルモンの分泌が鈍くなりはじめる40歳ころからが要注意。シミができやすく、取れにくい肌へと変化していくからです。これらの対処の1つとして、メラニンの生成を抑え、シミを薄くする事が出来る成分「ハイドロキノン」という成分もございますのでこちらも参考にしてください。


シミの主な原因

一番の敵は、メラニンを生成させる紫外線

紫外線説明
もっとも大きなシミの原因として気を付けたいのが、紫外線。紫外線にはA波とB波があり、どちらも肌に悪影響を与え、トラブルや老化を加速させます。 春先でも真夏並みの量を放出しているので、UV対策は早めに、しっかりと行ってください。


紫外線A波(UVA)の特徴
●すでにあるメラニン色素を酸化させて黒くする。 ●肌の真皮まで達し、コラーゲンやエラスチンを破壊。しわやたるみを引き起こす。●紫外線B波の悪影響を増長させる。
紫外線B波(UVB)の特徴
●日焼けを起こす力は紫外線A波の600〜1,000倍! ●皮膚を赤くしたり、ひりひりさせたりする。 ●赤みがひいた後、メラニン色素を生成させて肌を黒くする。●肌の表皮に達し、メラニン色素をつくらせてシミやシワを引き起こす。
地上に届く紫外線の割合

シミの種類と原因

老人性色素斑

老人性色素斑

紫外線を浴び続けることでできる、最も多いタイプのシミ。ほほ骨など日光が強く当たる部分からできる傾向にあり、30~40歳代から目立ってきたり、大きくなってきます。


肝斑

肝斑

頬骨のあたりにモヤモヤと左右対称に広がり、30~40歳代の女性に多くみられます。女性ホルモンのバランスが乱れることで現れ、妊娠中やピル服用中、更年期の人にできやすくなります。プラセンタでホルモンバランスを整えましょう


そばかす

そばかす

先天的なもので、色白の人に多くみられます。皮膚構造的に異常ありませんが、そばかすができる肌は紫外線にも敏感で、紫外線を浴びることで老人性色素斑などのシミを伴うことがあります。


老人性ゆうぜい

老人性ゆうぜい

老人性色素斑からできる、表面がいぼのように盛り上がったシミです。


炎症性色素沈着

炎症性色素沈着

ニキビや傷などの炎症のあとが茶色くシミになったものです。時間がたてば消えるものですが、肌をこするなどの刺激を受け続けたり、紫外線を浴びることでシミとして残ることもあります。


花弁状色素斑

花弁状色素斑

皮がむけるほど強い日焼けをした後にできるシミのことです。