にきびのこと

にきびのこと

毛穴の詰まりと皮脂の過剰分泌に注意

にきびは10代にできる「思春期にきび」と、要因が複雑に絡み合う「大人にきび」に分けられます。思春期のにきびは大人のからだへと発育する過程で起きる一過性のにきびで、成長ホルモンの影響で皮脂がたくさん分泌されることが原因です。 大人になるにつれて皮脂の分泌が穏やかになれば、自然と卒業することができます。20代を過ぎてからのにきびは「吹き出物」とも呼ばれ、オイリーなTゾーンよりもむしろ乾燥が気になるあごなどに多くできるのが特徴です。
にきびの主な原因

大人のにきびは心とからだのバランスが深く関わっています

主な原因はホルモンバランスの乱れです。ストレスを受けると女性のからだは女性ホルモンが低下し、反対に皮脂の分泌をうながす性質を持つ男性ホルモンを活発に出すようになります。さらに、女性ホルモンは肌の新陳代謝に深くかかわっているため、ストレスを抱えているとターンオーバーが乱れがちになります。ターンオーバーが正常に行われないと、肌に古い角質がたまり、毛穴の出口も角質が厚くなる「角質肥厚」が起きます。肌のバリア機能も弱まるため、肌は皮脂を分泌して補おうとします。過剰に分泌された皮脂は角質で出口がふさがった毛穴にたまり、にきびを引き起こすアクネ菌が繁殖。炎症を起こして赤くはれ上がり、進行すると化膿して膿胞ができます。膿胞を悪化させると基底細胞にまで影響を与えるため、肌にクレーター状の傷跡が残ったり、色素沈着を起こします。
角質肥厚(かくしつひこう)

角質肥厚

ホルモンバランスの乱れなどにより、角質が厚くなり、毛穴の出口を塞いでしまいます。

毛穴の詰まり

毛穴の詰まり

分泌された皮脂は、出口が塞がってしまっているため、毛穴にたまってしまいます。

にきび発生

にきび発生

皮脂を食べながら、にきびを引き起こすアクネ菌が繁殖。炎症を起こして赤く腫れ上がります。さらに進行すると化膿して膿疱(のうほう)ができます。

にきびの種類と原因

白にきび

白にきび

毛穴に皮脂や角質がつまって小さく盛り上がった状態。 面皰(コメド)と呼ばれます。


黒にきび

黒にきび

白にきびが毛穴が閉じた状態なのに対し、黒にきびは毛穴が開いて表面の皮脂が酸化して黒くなっています。


赤にきび

赤にきび

面皰(コメド)の中でアクネ菌が繁殖して炎症を起こし、毛穴のまわりが赤く腫れ上がった状態(紅色丘疹)です。


黃にきび

黃にきび

炎症がさらに進行して化膿し、膿をたくわえた状態(膿胞)。たまった膿がふくらみの中心で白っぽく見え、周囲の赤みが増し、熱を持つようになります。


しこりにきび

しこりにきび

膿胞がさらに進行すると、毛穴周辺の組織が破壊される重度の症症(嚢腫性痤瘡)が起きます。硬結にきびとも呼ばれる、硬いしこりのようなものができ、痛みをともないます。

赤み

にきびによる炎症が起きると、治った後も赤みが残ることがあります。広範囲にわたると赤ら顔のようになることも。時間をかけて消えていきますが、紫外線を浴びるとシミになって残りやすくなるので注意。

色素沈着

炎症性色素沈着といい、にきび跡の赤みが茶色くシミのようになって残ることがあります。

陥没

にきびを爪でつぶしたり、引っかいて刺激を加えたり、何度も同じところににきびができて真皮の組織までダメージを受けると、肌にクレーター状のでこぼこが残ります。

DeAU(デアウ)デイリーピール / 毎日使える、角質ケア美容液
EXC
カウンセリングゲル うるおい
AHAエクセレントソープ