乾燥・敏感肌のこと

乾燥・敏感肌のこと

乾燥が肌を未熟に、ナーバスにしてゆく。角質層の水分ボーダーラインは20%

乾燥・敏感肌の主な原因

表皮のもっとも外側にある角質層は、外的刺激から肌を守り、水分の蒸発を防ぐバリア機能を持っています。角質細胞には水分と結びつく力を持つ天然保湿因子があり、角質細胞間脂質が細胞どうしをつなぐことでバリアをつくり、うるおいを保っています。健康な肌の角質層は20%前後の水分が含まれています。さらに皮脂も汗と混ざりあって皮脂膜となり、天然の保湿クリームとしてバリア機能を高めています。このバリア機能が弱まり、保湿力が低下すると、肌の乾燥が起こります。

角質細胞間脂質や天然保湿因子は年齢とともにつくられる量が減り、皮脂の分泌も少なくなってきます。水分や皮脂が不足すると、角質細胞にすき間ができたり、角質がはがれおちて天然保湿成分が流れ出し、水分が蒸発しやすくなります。肌は水分を保つために角質細胞を急いでつくり、未熟な角質細胞をたくさん生成し、角質層を厚くします。しかし、中がスカスカの状態のままぶ厚くなっていくだけなので、よけいに乾燥がすすみ、小さな刺激にも耐えられない敏感肌へと悪化していきます。

うるおいのある肌のイメージうるおいのある肌のイメージ

乾燥がすすんでしまった肌のイメージ乾燥がすすんでしまった肌のイメージ

日常のささいなクセや思い込みで、肌の乾燥がどんどん悪化していることも…

乾燥を誘発してしまう行動例

乾燥を誘発する大きな原因は、間違ったお手入れです。熱いお湯で洗顔したり、ゴシゴシこすって肌を刺激したり、必要な皮脂まで落としてしまう洗顔は、乾燥を防ぐために皮脂の分泌をかえって盛んにさせてしまいます。それをオイリー肌だと思い込んでさらに洗顔したり、保湿をやめると、ターンオーバーのサイクルが乱れ、肌はどんどん悪循環のスパイラルに陥ります。

ストレスや寝不足、食生活の乱れも、乾燥肌から敏感肌へ移行する大きな要因です。特にストレスがたまっているときは要注意。体の免疫システムが過剰にはたらき、肌が敏感になることがあります。

DeAU(デアウ)デイリーピール / 毎日使える、角質ケア美容液
EXC
カウンセリングゲル うるおい
MDポーサイン100